OpenOfficeのための請求書のテンプレート

あなたが欲しいです OpenOfficeので法案を書きます, もちろん、あなたは以前に個別にすべての項目を計算することができますし、手動で個別の行に入力します。または使用することは、すでに必要なライン、規格や機能が含まれており、途中で自動的に税額を計算し、ダウンロードリストから、OpenOfficeのための完成無料のテンプレートで構成されています。 OpenOfficeのための無料の請求書のテンプレートは、まさにそれを提供します。

OpenOfficeのダウンロードのための請求書のテンプレートを使用して請求書を書きます

自分のOpenOfficeのインストールの設定方法に応じて、いくつかの余分なクリックは最初の請求書のテンプレートの実行のために必要です。符号なしのソースからOOOデフォルトマクロ内の場合は一括払いではなく、需要オフ最初のものです。これは、数回のクリックでただし、メニューを変更できます。実行するには[ツール]にあります -> 設定 -> OpenOfficeの -> 安全性 -> マクロのセキュリティは、そのような要求は今後常にマクロがテンプレートにあるときに表示され、必要に応じて有効にする必要があります手段に最大値を設定します。今では、マスタデータの1時間調整、会社のロゴやフッタに行きます。また、税率は、テンプレートの下にも等しいに最適です。これは16%にとどまっている文書の年齢によるものです。テーブルのロック解除を調整する前に必要です。これは、[ツール]メニューから[動作します -> ドキュメントの保護 -> パスワードのその後の入力を持つ表はpasswordです。

OpenOfficeのダウンロードのための請求書のテンプレート

1は、レターヘッドに自身の送信者情報だけでなく、会社のロゴを維持した場合は、そのような通過または後払いの固定などの請求書の項目下の標準式を設定し、保存されたコントロールを調整します。また、フッタは、法定の標準仕様に挿入する必要があります。これは、残念ながらテンプレートOOOメニューのヘッダーとフッターでは動作しませんが、手動で行う必要があります。調整した後、 OpenOfficeのダウンロードのための請求書のテンプレート 全てが行われ、同じパスワードを使用して再び変更されたフィールドを保護し、スプレッドシートのテンプレートとして文書を保存することをお勧めします。このように、テンプレートは完全にパーソナライズされますが、将来の障害がクリックから保護します。同じパスワードを使用すると、マクロの正しい実行のために明らかに必要です。

数回のクリックで請求書を作成します

今、あなたは会計で開始することができます。宛先、請求書の項目と価格が入力されているので、現在の日付が自動的OOO原稿を挿入します。 Tabキーにより、カーソルが自動的に入力が必要なフィールドの間で排他的に移動します。別の請求書ラインは画面の上部に対応するボタン請求挿入行一つを介してそれらを追加することが必要な場合。すべてのポジションが自動的に追加されます。税率が堆積され、総価格を入力することがあり、税額が自動的に計算され、合計で別々に示されています。残念ながら、税および個々の項目の正味価格の計算でも連続した請求書番号が割り当てられていない、場所をとりません。

OpenOfficeのダウンロードページプレビューのための請求書のテンプレート

便利なテンプレート小さなHindernisparkur OpenOfficeのダウンロードのための請求書のテンプレートは、主に関連するフィールドがすでに作成されているという事実に非常に有用とスコアです。また、印刷原稿の自動印刷とデータ及び印刷ボタンを入力した後、プレビュー、コピーは非常に実用的です。フォームは実際にのみ、基本的な構造を適用すると、個々の項目の合計を節約するように、作るために比較的多くの調整を始めて、しかし、があります。それが十分だ場合は、Calcのテンプレートで見つけるのOpenOfficeでの請求書の書き込みに良い助けです。

map