Winmailオープナー

Winmailオープナー 電子メールを介してコンテンツを迅速かつ簡単に読みやすいのwinmail.datファイルを受信可能. これらのファイルは、Microsoft Outlookと電子メールをフォーマットし、時には困惑他のメールプログラムのユーザーに提供出荷で発生します。

winmail.datファイルを開くためのWinmailオープナーをダウンロード

Outlookは、常に電子メール標準に固執しないので、Winmail.dat添付ファイルには、彼らのメッセージを管理するために、このような電子メールクライアントとして使用して受信者に到着します。メールの未フォーマットのバージョンは、このようにテキスト形式である場合を除き、実際のメッセージを見ることができません。これはどこWinmailオープナー親切です。 フリーウェアは、WINMAIL.DATファイルを開き、その内容を表示します. また、Winmailオープナーは、メッセージと任意のmitgesendeterの植物を保存するためにダウンロードすることができます。

Winmailオープナーをダウンロード

Outlookは、メール配信の三つの異なるフォーマットを提供しています

Winmail.datの名前の奇妙な添付ファイルを通じて電子メールを受信したときに気になる人は、MS Outlookの説明を見つけます。この提供 メールを策定することができる三つの異なるフォーマット:プレーンテキスト、HTMLやリッチテキスト. プレーンテキストまたはHTML形式のメールはすべての電子メールプログラムによって読み取らので、一般的には問題ではありませんすることができます。他にはすぐにリッチテキスト形式、RTFでのメッセージで問題を動作します。これは、残念ながら、すべてのメールクライアントを読み取ることができませんフォーマットされたテキスト、のためのファイルやデータ交換フォーマットです。

リッチテキスト形式を食べることがWinmail.dat添付ファイルを防ぎ

リッチテキスト形式の電子メールで送信されたメッセージは、RTFメッセージをサポートしていないプログラムによって開かれている場合は、彼が唯一の添付ファイルとしてそれらを示しています。** Winmail.datファイルも**システムをブロードキャスト含むことができます。問題を解決するには、簡単なことだろうが、それは実際にはほとんど実現可能である:Outlookユーザーがメールを送信する際、受信者が電子メールシステムを使用している場合、彼は唯一、そのリッチテキストをリッチテキスト形式を使用していることを確認する必要がありますメッセージを読むことができます。したがって、RTF形式を通じて電子メールで済ますためのより良い解決策です。誰がリッチテキスト形式はまだプリセットされているかどうか、連絡先に検討すべきで、そうする予定。

独自のハードドライブ上のメールの添付ファイルを保存します

誰がWinmail.dat添付ファイル付きの電子メールを得た、彼らは感謝することができます Winmailオープナーをダウンロード 合併症のない道を開きます。フリーウェアの操作は簡単です:まず、ユーザーは自身のハードディスク上のファイルWinmail.dat工場が保存されます。彼はその後、フリーウェアや選ぶのユーザーインターフェース上のWindowsエクスプローラのドラッグアンドドロップのいずれかからそれらを描きます "開いているファイル"、他の電子メールツールは無料でダウンロード当社のソフトウェアカタログでご利用いただけます。

Winmailオープナーは、オープンダウンロード

簡単のwinmail.datファイルを表示および保存します 小さな、無料のツール Winmailオープナーは、ユーザーが電子メールの添付ファイルとしてのwinmail.datファイルを得るのを助けます. これらは簡単に確認し、保存することができます。ファイルの拡張子DATは、プログラムでリクエストにリンクすることができます。

map