PCの速度マキシマイザー

インクルード PCの速度マキシマイザーダウンロード 様々なシステム設定を最適化することにより、WindowsのPCのパフォーマンスを向上させます。また、速度マキシマイザーは、複数のハードドライブ上のスペースやシステムをクリーンアップし、個人のインターネットサーフィンの痕跡を除去することにより、プライバシーの保護を提供します。

PCの速度マキシマイザーダウンロード後の自動システムチェック

PCの速度マキシマイザーは、システムのクリーンアップのために支払われたソフトウェアであり、それはまた、自分自身でいくつかのプログラムのポイントを、もたらします Windowsの最適化 それは有用なものにします。システムのクリーンアップのための完全無料のダウンロードはここで見つけることができます。すぐにシステムオプティマイザをダウンロードしてインストールした後、自動的にアプリケーションを起動し、すぐにシステムの最初のレビューを開始します。次に、どのようなオプションの明確かつ詳細なリストに最適化のために発見されました。要求に応じて、PCの速度マキシマイザーは、特定のアイテムの詳細に加えて、一覧表示されます。これはその後、削除用にマークされているか、除外することができ、またはプログラムの他の部分に出て分岐する個々のエントリ、のいずれかが構成されています。

  • レジストリのエラー
  • レジストリ内の一時的なエントリ
  • インターネット一時ファイルとフォルダ
  • クッキーと歴史のウェブサイト
  • チャットログ
  • 他の一時ファイル
  • 無効なショートカット
  • パフォーマンスと最適化の設定
  • Windowsの起動中のプログラムのエントリ
  • セキュリティ設定は、パフォーマンスと最適化の設定ブランチは、範囲のWindowsの下を最適化し、さらに説明されている他の領域、再びオンにします。また、最適化レポートは、それがすでにPCの速度マキシマイザーのダウンロードのアクションを行ってきたあなたについての情報を提供します。ボタンの修正は今、すべての発見は、一度に洗浄されていますが、試用版は、登録催促にここに限定されています。ダイレクトアクセス用の自動完全なテストならびに様々なシステムの改良に加えて、利用可能です。

Windowsレジストリをクリーンアップし、安全な

スピードマキシマイザーをクリックして提供しています[登録]タブの後ろに指定するオプションを調整するために、レジストリをチェックしているのエリア Windowsのレジストリ チェックします:

  • インストールされたソフトウェア
  • 共有ファイル
  • ファイルの関連付け
  • DLLエラー
  • インターフェース
  • スタートアッププログラム
  • プログラムのアンインストール
  • ヘルプとリソース
  • フォントとサウンド

PCの速度マキシマイザーダウンロードレジストリ

また、レジストリ全体を確保することができますし、ワンクリックでここでそれを復元します。このように、ユーザーが取得することができます レジストリのバックアップを作成します。. これは、Windowsレジストリ内のいくつかの変更を行いたい場合に便利である、または自動クリーンアップが熱心にすべきものだった場合に準備する - だけでなく、時々起こります。また、システムの復元ポイントも誰それから、ここに置くことができます バックアップWindowsレジストリ 含まれています。チェックが別途トリガーレジストリをチェックして起動します。これは、システムの完全スキャンよりもはるかに速くなりますが、それは、登録の観点から、同じテスト結果をもたらします。重要な違いは、しかし:あなたは、修理をクリックすると自動的に検出されたエラーを訂正され、ここでは個々の領域またはキーの選択ができなくなりました。デモバージョンでは、ここではなく、すでにフルバージョンを購入するデバッグ用締結しているためです。

Windowsシステムのクリーンアップ:一時ファイルを削除

パージボタンは、統合の異なる領域へのアクセスを開きます システムクリーナー, ユーザーがシステムをクリーンアップします。これは、クリーンアップのWindowsプログラムを開始するなど、実際に高速化のための小さな部品に保証します。主に、ハードディスク上の多くのスペースのために、しかし、ここに提供します。

PCの速度マキシマイザーダウンロードシステムクリーンアップ

  • プライバシー監査:最近使用したドキュメント、一時ファイル、Windowsサーチは、ごみ箱を空にする、インターネット履歴、クッキー、最近のWebは、ログファイル、ログをチャット
  • ごみ:異常な一時ファイル、他のプログラムの後に、システムをスキャンします
  • 壊れたリンク:システム(通常のAppData)の選択可能なフォルダをスキャンし、作業のショートカットが表示されません。
  • 打ち上げを管理しますここで自動的に起動は、列挙されたスタートメニューとWindowsレジストリに登録されています。見つかったチェックボックス(縮小)を活性化することで、個別にすることができます。点を越え詳細オプションが利用でき、対応するエントリの後Andrem Goglesucheの下にここにあります。
  • 大きなファイル:10メガバイトを超えると、それらを一覧表示したファイルのハードドライブにWindowsのライブラリまたは選択フォルダのいずれかをスキャンします。ファイルを削除するチェックボックスは、選択して削除することができます。

Windowsの最適化:設定を調整

最適化]タブには、Windowsの実際の加速につながることができますいくつかのオプションがあります。また、シリーズ全体は、ここでは、ユーザーアカウントを制限する設定を見つけることができます。これは、特定の状況で有用であるが、あまりパフォーマンスの最適化の側面を提供しています。実際に、しかし:一つ一つの面積は、最適なセットアップのためのボタンの推奨設定の提案を持っています。

PCの速度マキシマイザーダウンロードの最適化

あなたの設定を最適化

  • システム
    • システムを再起動する前に、きれいなページファイル
    • プリフェッチを無効にします。プログラムの特定の部分がすでにボートにロードされるため、プリフェッチは、Windowsの起動が遅くなります。この例ではプログラムがその場で高速化するためのメニューを開始または実行しています。
    • 自動的に使用されていないDLLを無効にします。ロード以下のライブラリを、Windowsのスタートを加速
    • ユーザアクティビティのWindowsのログ:もっとスピードはあまりログ
    • エラー報告
    • スタンバイ後のパスワードクエリ
    • 自動ユーザーはパスワードなしでログイン
    • システムのクラッシュで自動再起動
    • ブート時に実行された命令を参照してください。
  • セキュリティ
    • コントロールパネルのアプレットを有効にします
    • /無効にタスクバーのプロパティを有効にして、スタートメニュー
    • /無効の画面のプロパティを有効にします
    • [スタート]メニューから実行ショー
    • 削除交通機関を有効/無効
    • タスクマネージャを有効/無効
    • Regisrierungseditorを有効/無効
  • インターネット
    • 有効/インターネット設定へのアクセスを無効にします
    • 有効/一時ファイルの設定へのアクセスを無効にします
    • 自動画像サイズ変更
    • /有効のInternet Explorerの自動アップグレードを無効にします
    • Webが自動補完を扱います
    • 自動的に完全なフォーム
    • 自動的に完全なユーザー名とパスワード
    • パスワードを保存可能最適化見掛け倒しとシステムクリーナー PCの速度マキシマイザーの一番下の行は、それが、一時ファイルを削除し、レジストリをクリーンアップする悪いプログラムがないとなると、確かに、ダウンロード、およびユーザー設定をカスタマイズしています。実際には、Windowsのオプティマイザとして渡すには、システムの最適化の可能性がより多くの何かを約束し、我々はこの価格帯でプログラムによって、私たちに開放されているので、非常にシンプルですが少し薄すぎるされています。しかし有用な予測可能な自動テストと行う個々のアクションを取り消すための機能を提供するプロトコル。両方のポイントは、プログラムの設定からアクセスできます。

PCの速度マキシマイザーの制限事項

ただ、スキャン、デモではありませんトラブルシューティング

map