ドライバーブースター

古いデバイスドライバは、Windowsを実行している様々な種類の問題を引き起こす可能性があります。自由な ドライバーブースターダウンロード XP、Vistaでは、Windows 7と8の更新システムドライバは、このように、フリーウェアのユーザーは、ウェブ上の更新されたデバイスドライバの手動検索を実行し、常に最適なパフォーマンスを保証します。純粋な検索および更新ドライバのブースターのほかに、あなただけでなく、専門家をPCの寿命を容易にすることができる快適な機能を見つけることができます。

ドライバの更新:ドライバーブースターダウンロードした後、

すべてのデバイスドライバは、私のWindowsにインストールIObitドライバーブースターチェックは、第1の実施形態における最新のものです。現在のドライバシステムのメンテナンスの専門家を見つけるには、プロバイダ自体によって維持されているリファレンスドライバの何千ものオンラインデータベース上で描画します。非常に素晴らしい:テストは比較的速いvonstattenです。すべてのインストールされたシステムドライバは、自分たちの中で明確にアプリケーションを一覧表示し、任意の非現在のバージョンを指します。今ドライバーブースターProのバージョンを行っている誰でも、することができます [更新]ボタンすべての時代遅れのドライバ, それに対処するために継続する必要はありません。

ドライバーブースターダウンロード

しかし 少しの努力とドライバのブースターフリーウェアアップデートドライバ したがって、以上持っています ">リードではっきりフリーウェアカタログから他のフリーのドライバソフトウェアのダウンロード。だから、単に非現行バージョンの背後にある[更新]ボタンのリストにユーザーをクリックして、あなたが行くオフ。実用:必要であれば、このツールは、ドライバのインストール中にWindowsによって生成されたすべてのメッセージを抑制します。 1は、選出されたかどうか バックグラウンドでのドライバのインストール したいとあなたは常にポップで選択することが起こるかどうか - 設定は、しかし、プログラムのオプションでいつでも再調整することができます。 ドライバのブースターが必要なアップデートをダウンロードして、自動的にインストールが開始されます。

ドライバの更新を通じて追加機能

オンデマンド・ドライバに加えて、すべてが最新のものである場合Treiberankurblerも自動的にチェックすることができます確認してください。また一つはシステムドライバの、毎日、毎週、または毎月の見直しのための設定で選択することができます。のみ更新がWHQLテストに合格した要求、上で注目されるので、Microsoftが認定され、釈放されました。この方法では、自動更新を通じて、おそらくシステム上の障害のある新しいリリースを得るために防ぐため、問題を引き起こすのではなく、それらを避けるために。

古いドライバが問題を取得します

時間はまだ少し問題がある場合は、ドライバのブースターは、その後準備されます。そう ドライバを更新する前に、リカバリポイントを自動的に作成されます, 必要なときに、ユーザーに古い状態を復元します。 F8キーを押すことで、Windowsの負荷はあなたがセーフモードで起動して、ドライバのブースターを実行する前に:これは、一見何もよりない場合でも動作します。復元]をクリックすることで、ソフトウェアは、ドライバのアップデートに関連するリカバリポイントを表示します。一般的に、それはおそらくあなたが復元したいだけ最後のポイントである:選択して、復元するには、以下をクリックし、待ちます。後で再起動し、問題が解決されなければなりません。

ドライバーブースターダウンロードデバイスドライバ

しかし、何らかの理由で、時々ドライバの異なるバージョンでの作業のために、ドライバのブースタープロ版は非常に便利な機能であることがわかり、でも専門家:ドライバーは、復元ができるように、選択したドライバのバージョンXでZIPファイルを作成します迅速かつ簡単には同じシステムリカバリを実行しなくても、個々のドライバを復元します。このアップデートでは、データベースは、さらに多くのデバイスをアップグレードするために拡張されたゲーム要素のVCランタイム2008のアップデートもありました & VCのランタイム2012はアンインストールオプションは、デバイスを削除するために追加されました。

map