イーサネット2.6.6以上USB

イーサネット経由でUSBは、周辺ハードウェア、インターネット上またはLANのどちらかを制御します。この操作のおかげで、例えば、USBプリンタやスキャナは、ネットワーク上のコンピュータからも操作することができます。また、ネットワークへのアクセスは、外部ハードドライブ、ウェブカメラやオーディオ機器や、コピープロテクションなどいくつかのプログラムで使用されるものとしても、いわゆるドングル、などのハードウェアのために可能です。直接イーサネット経由で起動USBた後、共有のための問題になる見つかっ接続の概要を説明します。マウスの右ボタンをクリックして選択することで、多くの努力なしに行われたユーザのリリース "シェアリング"オプション。イーサネット経由でUSBは、クライアント・サーバベースで動作します。これは、サーバーモジュールはUSBデバイスのみが接続されたコンピュータにインストールする必要があることを意味します。他のすべてのPCの場合は、クライアント・コンポーネントは十分です。

イーサネット2.6.6以上USBの制限事項

二つのデバイスに制限されており、登録通知をポップアップする15日間のトライアル、。

map