アドビオーディション

ほとんどのユーザーは落ちます "サウンド編集" 自発的に用語など "切り取ります" と "ホール効果" A。もちろん、フリーのオーディオ編集ツールは、最も顕著なのAudacityは、多くのタスクのためのものです。しかし、それは複雑で、さまざまな効果を適用し、音が専門的に混合出会いが自分の限界をフリーにする必要があります。アドビオーディションは、最大128台のステレオ・オーディオ・トラック使用可能なユーザーを提供して録音環境を提供します。オーディションは、無線スポットを作成するための組成物、記録、オーディオトラックのミキシング、およびオーディオトラックとビデオクリップを同期させるのに適しています。数回クリックするだけで検体を測定する前に削除さに基づいて音エディタから最近不要な音。複雑なプロジェクトを編集するときのツールをグループ化することにより、アドビオーディションをサポートし、個々の構成要素のより容易な取り扱い。いわゆるプレビューエディタはまた、様々なトラックの波形のバランスを取るためだけでなく、使用前にタイムストレッチの効果を調べるのに役立ちます。マルチトラックビューで混合する場合、生産自動クロスフェードされ、ハンドルが用意されています。精密な加工がスペクトルで行われます。所望の範囲の効果でそのオーディションは、オファーの数十(コンボリューションリバーブ、アナログディレイ、チューブコンプレッサー、等)を有し、添加することができます。リアルタイムで - また、フィールドタイムストレッチには、Adobe Auditionでは有能で個別にバリスピードオプションのスピードやピッチによって変化します。アドビAuditionではオーディオ編集とミキシングで安心してソリューションを提供しています。ワークフローは、設計されたユーザーインターフェースとタイムリーかつ統合された効果を処理し、内蔵されたVSTインターフェースれるもご利用いただけます。アドビオーディション:IFSもう少しオーディオエディタかもしれません。

アドビオーディションの制限事項

メーカーへの登録が必要で、30日間の試用版、。

map