アドビPhotoshop Elementsの

Photoshop Elementsのは、PC初心者に優しいバージョンではプロの画像編集パーの卓越性をもたらします。だから、ユーザーがその兄のPhotoshopのプロの編集技術の恩恵を受ける - 複雑なメニューなし。現在のバージョンは、スマートフォンやタブレットからの画像へのモバイルアクセスを他のものの間で魅了しています。

アドビPhotoshop Elementsのダウンロード:アマチュア写真家のための画像編集

イメージを管理、編集、最適化:Media Managerのユーザーは常に概要を説明しておきます。メタデータ管理の概要とともに、画像の純粋な表示に加えて、すでに既製のアクション・セットに基づいて処理する可能性を提供しています。したがって、最適化フォト・ギャラリーを瞬時に画像の数を開くことなく生成されます。このために、固定された数と準備テンプレート準備ができて - だけでなく、自分自身の創造性は、ここでは制限されません。スマートマネージャは、品質、日付や人のための写真の選択でサポートを提供します。この目的のために、 "説明します" ユニークなその顔、今後のようなギャラリーがあるために、名前が属するユーザーマネージャ、 "エラによってすべての画像" 数回クリックするだけで作成しました。でも、Facebookの友達リストに基づいて動作するバージョン10以降。また、PS要素は、自動的に写真内のオブジェクトを検出します。 PC、WebまたはDVDのための任意の音楽を完成創造を提示します。編集モードでは、通常の強力なPhotoshopのツールが用意されていますなど、明るさ、彩度、コントラスト、のための最適化ツールは、定性的な感謝を支援 - 自動または手動。ですから、たとえばスタイルのトランスミッションを介して転送し、別の画像への画像のカラースキームや全シリーズ。ブラシとペンは、しかし、彼自身の絵画への道を開きます。消しゴム、魔法の杖とレタッチツールは、画像コンテンツをトリミングして調整するときに役立ちます。歩行者のどかな休日を混乱させる?スポット修復ブラシは数秒でそれを指示します。

アドビPhotoshop Elementsのダウンロード

アドビPhotoshop Elementsのは、従来のツールで修復することができない赤の動物の目、のための特別なレタッチツールを提供しています。また、移動可能による、いわゆるコンテンツを意識した動きが主題領域が自動的にギャップを埋める絵生じました。最新バージョンでは、色や照明は非常に現実的なように見えるしたフォトモンタージュのための新しいオプションが含まれています。 Facebookのための新しい設計ツールは、ボード上にあるプロフィール画像を使用して作成することができます。また、Photomergingで完璧な画像を作成することができます。このように、人物の各画像内の最良を採取し、10グループ画像について最適な全体像を形成するために組み立てられる - フォトモンタージュは、風からです。でも、パノラミック・イメージズ時間がないのパノラマで構成されている - でも、360°で。ここでは、写真の専門家は、自動的に任意のギャップを埋めるだろう。 HDRイメージを作成するので、多くの機能により、取り外し傷やペーストの反射が言及する価値はほとんどありません。 プロの請求と管轄画像エディタ Photoshop Elementsのコースは、長いプロの画像アレンジャーAdobe Photoshopのすべての機能を提供していません。しかし、家庭での使用のための重要な機能は、ボード(およびそれ以上)のすべてであり、明確な競争の彼らの高品質のおかげで目立ちます。すべてのすべてで、シェアウェアPhotoshop Elementsのイメージエディタ有能なプロフェッショナルアプリケーションを提供します。

Adobe Photoshopの要素の制限事項

30日間の試用。メーカーから必要な無料登録。

map