焦点距離の計算

焦点距離と撮像素子(CCDまたはCMOSセンサー)の大きさに、可視範囲を算出することができます。イメージセンサは、光に敏感なコンポーネントのマトリクスから成ります。入射光はセンサの電子に内部光電効果によってそのエネルギーを伝達します。イメージセンサーのサイズは、通常はインチで与えられています。チップサイズの指定は、センサの感光面が外径よりも小さいことを特徴、古い撮像管の外径から誘導されました。だから、光に敏感な画面サイズの長さを計算するための感光面の正確な寸法を知っている必要があります。焦点距離計算機は、必要な焦点距離または可視画像領域を計算することを可能にします。

焦点距離計算の制限事項

-

map