無料シリアルポートモニタ

インクルード 無料シリアルポートモニタダウンロード comポートの活動を監視するのに役立ちます。フリーウェアは、シリアル・インターフェースを通過し、これが表す提供トラフィックを観察し、データパケットを解析します。

無料シリアルポートモニタダウンロード:モニターの読み取りおよび書き込みアクセスを

インタフェースは無料シリアルポートモニタモニターを監視し、すべて確実に読んで、COMポートへの書き込みアクセスを記録します。この小さなフリーウェアユーティリティは、入力と出力の制御コードをキャプチャし、完全なダンプに彼らのパラメータを提供します。

無料シリアルポートモニタダウンロード

シリアルポートを介したデータの交換

コンピュータと周辺機器間のデータ交換は、シリアルインタフェースを介して行うことができます。シリアルデータ伝送は、シーケンス内のビットことを特徴とします "シリアル"ラインを介して送信されます。彼らは何を意味することは、通常、一般的な9ピンD-subコネクタとEIA RS-232インターフェースです。

一方、標準のUSBに取って代わら

短距離にわたって高いデータレートの伝送では、パラレルポート、シリアルおよびパラレルの両方のインターフェースが大きく標準USBによって置換されている前に普及しています。また、イーサネット、USB、Firewireのは、現代のシリアルインタフェースであるが、通常はそのように呼ばれていません。

無料シリアルポートモニタに新しいセッションを開きます。

ユーザは、各マシン無料シリアルポートモニタし、使用時に起動するように許可されている者を決定することができます。これを行うには、選択したメニューオプションは、エクストラ/パラメータとセキュリティ]タブを開きます。ショートカットF2またはCtrl + Nを使用して、ユーザーが新しいアプリケーションセッションを生成します。もちろん、これはまた、メニューオプションファイル/新規セッションを介して行うことができます。必要に応じて、特定の単語や文字列を検索することができます。このために、メニュー項目は、編集/検索です。

詳細に制御要求を表示

デバイスが側にいない場合は "シリアルポートモニタの設定" 表示されて、ユーザーが手動で名前を入力することができます。無料シリアルポートモニタは、細部への各制御要求を示しています。デフォルトでは、この機能は無効になっています。ユーザーは、メニューオプションツール/パラメータを開いて、それをオンにし、シリアルのIOCTLタブを入力することができます。追加の開発ツールは無料でダウンロード当社のソフトウェアカタログに記載されています。

無料シリアルポートモニタダウンロードホットキー

map