Excelは、ライトプロテクトを解除:これは、それが作られた方法です!

Excelは、ライトプロテクトを解除します 巧妙なトリックのリゾート、欲しいです。小さなスクリプトに関連付けられたパスワードを忘れたときに、テーブルのブレードガードは、迅速かつ容易に再び除去することができます。我々は、それがどのように動作するかをお見せ!

Excelの書き込み保護を簡単に

Microsoft Excelの2013年には、そのテーブル全体または一部をダウンロードした後、オフィスワーカーは、ブレードガードを提供することができます。パスワードは、Excelスプレッドシートがそのまま残り、不正者によって変更することができないことを保証し、その後。唯一の正しいパスワードを知っている人は、テーブルを変更することができます。残念ながら、ユーザーが彼によって割り当てられたパスワードを後日覚えていないため、表が編集できないことをかなり頻繁に起こります。幸いにもExcelスプレッドシートにブレードガードを除去するためのトリックがあります。 MSオフィスの保護メカニズムは、あまりにも洗練されていないので、あなたは、比較的簡単に小さなマクロと保護を無効にすることができます。マクロコードは、保護除去される文書内のモジュールとして格納されます。

Excelは、ライトプロテクトを解除します

Excelスプレッドシートにブレードガードを削除します

ユーザーは、テーブルを開き、キーの組み合わせはAlt + F11を押しました。これは、Microsoft Visual Basicのウィンドウを開きます。 VBAProjectのトップ左側のメニューでは、このワークブック上でマウスの右ボタンでクリックし、[挿入およびモジュール]をクリックします。 Modul1を表示されたウィンドウでは、ユーザは、コピーごとに挿入されます&開始と終了のマーカーなし - このガイドマクロテキストの後半に立って貼り付けます。このヒントは:それは完全にし、Ctrl + Cを使用してコピーし、マウスでマークとCtrl + Vで所望の位置に挿入され、クリップボードを介して迅速かつ容易にテキストをコピーします

エクセルマクロライトプロテクト

エクセルの期間保護を削除するには、パスワードの長さに依存します

Microsoft Visual Basicのウィンドウが再び閉じることができます。ストアは必要ありません。 Excelのユーザーは、新興ウィンドウの実行中にAltキー+ F8とクリックを押します。どのくらいの時間がExcelの書き込み保護が割り当てられたパスワードに依存して持ち上げるために時間がかかります。テーブルは短いパスワードで保護されている場合、プロセスは通常、数秒しかかかりません。これとは対照的に、それは長く、複雑なパスワードで数分かかることがあります。 Excelシートの保護が無効になっている場合は、[OK]をクリックすることで確認されているメッセージが表示されます。今、表には再び正常に動作することができます。

Excelの書き込み保護を実行します

トリックもExcel 2003の2007年と2010年で動作します

誰がModule1]を右クリックして、再び、再びMS Excelの関数からは、Alt + F11を除去したいとモジュール...からの削除のエントリを選択します。質問 "Modul1は、削除する前にエクスポートしますか?" 負に答えることができます。 Excelの書き込み保護とのトリックは、Microsoft Excel 2013で、だけでなく、前任Excel 2003の2007年と2010年の持つだけでなく、非常に信頼性の高いマクロで動作します。

Excelの書き込み保護に成功

--- ---(コピーしない)マクロのテキストを開始

サブExcel_Schreibschutz_aufheben()

エラーで次の再開

Jの場合= 65〜66:私は、65〜66 =について

Lのため= 65〜66:K = 65〜66のための

M = 66〜65の場合:nに対する= 65〜66

pの= 65〜66:O = 65〜66の場合

Rため= 65〜66:Q = 65〜66のための

126、T = 32:66に、S = 65の場合

ActiveSheet.Unprotect AD(I) & CHR(J) & AD(K) & CHR(L) & CHR(M) & AD(N) & CHR(O) & AD(P) & CHR(Q) & CHR(R) & CHR(S) & CHR(T)

次にT:次の:R次:次Q

次のP:次O:次のn:次のM個

次のI:次のK:次のJ:次のI

MsgBoxに "書き込み保護は現在、無効にする必要があります。"

End Subの

--- ---(コピーしない)マクロのテキストを終了

map